【くらしの歳時記】<br>12月21日は「冬至」
2020/12/21
COLUMN
【くらしの歳時記】
12月21日は「冬至」

今日は1年の中の最後の二十四節気「冬至 とうじ」です。
一年で最も昼が短く、夜が長い頃のこと。
これから日が伸びていくので、古代には冬至が一年の始まりでした。

冬至といえば「ゆず湯」ですね。
ゆず湯につかり、からだを温めて風邪知らずに!
この習慣は冬至と湯治の語呂合わせからとも言われますが、
かつては一年の始まりだった冬至に
ゆずの香りや薬効でからだを清める禊の意味があったそうです。

 

お店には高知県馬路村産のゆず果汁配合のバスパウダーや、
自然のままの柚子と塩をブレンドしたバスバッグ、
ゆずの香りとともにきめ細やかな炭酸ガスで温浴効果が期待できる
重炭酸入り薬用バスタブレットなど
気軽にゆず湯が楽しめる入浴剤が揃っています!

ぜひ今夜はゆずが香るお風呂で香りを楽しみながら
ゆっくり温まってくださいね。


●フルーツネット パウダーバス ゆず(2包入)  税込473円
●ふるさと便りバスバッグ 柚子の風呂(3包入)  税込550円
●森たちバトン 重炭酸バスタブレット ゆず  税込132円